失敗しないブライダルフェアの選び方

ハナユメブライダルフェア

ブライダルフェアとは、通常の式場見学をより豪華にした見学会の事。会場によって内容は異なりますが、単に会場内を見学するだけでなくドレスの試着や料理の試食、披露宴で可能な演出方法などが体験できます。会場によっては他ではやっていないような個性ある催しを開催していることもあります。

すでにお目当ての式場がある場合は、その式場がブライダルフェアを行っているかを確認しましょう。特に希望の式場がない場合は、ハナユメやゼクシィでブライダルフェア情報をチェックして申し込むことになります。


ハナユメでブライダルフェアを選ぶ際のポイント

ハナユメでフェアを予約すると、デスク来店&成約で35,000円もの商品券がプレゼントされるだけでなく、結婚式の費用が最大で50%オフになるハナユメ割りが適用されます。結婚式にはなにかとお金がかかりますから、こうしたお得な特典は是非とも活用するべし。ただ、上記のキャンペーンが適用されるのには条件があるので、まずはしっかりと条件を確認しておきましょう。エントリー期間、カップルで参加、アンケート記入などあるので、これらの条件に当てはめるようにします。

また、キャンペーン適用条件でもある、ネットだけでなくハナユメのウエディングデスクを訪れることは、ブライダルフェアを探すうえでも効率的。プロの直接のアドバイスで、気が付かなかったおいしい情報をゲットできるかもしれません。ちなみに、ウエディングデスクは完全予約制となっていますので、事前連絡を忘れないように。もちろん、当日予約も受け付けています。

ハナユメのお得なキャンペーン


ゼクシィでブライダルフェアを選ぶ際のポイント

ゼクシィは全国のブライダルフェアを羅毛していることからも、その中から探すのはとても大変です。ゼクシィのオフィシャルサイトにある検索機能を使ってピンポイントで探すといいですね。また、簡単チェックシートもあるので、彼氏のことも考えたブライダルフェア探しのヒントも!?

さらに、ゼクシィでブライダルフェアを体験した先輩カップルの体験談もあるので、こちらもチェックしておくといいでしょう。特に初めてブライダルフェアを体験する人には、よい事前予習になるはずです。

ゼクシィのお得なキャンペーン


ブライダルフェアの内容は?

会場見学

ブライダルフェアの基本中の基本。会場の見学です。実際に訪れ、自分の目で確かめることでネットや写真だけではわからない雰囲気や、細かいところまで見ることが可能。


相談会

プランナーさんが希望にあった最適なプランを提案してくれます。予算や空き状況、ドレス、料理まで…不安に思っていることやわからないことがあれば、この機会になんでも聞いておくといいでしょう。同時に、簡単な見積書も作成してくれるので、大体の予算帯が把握できます。


試食会

ブライダルフェアの中でも人気が高い、披露宴で出されるメニューの試食会。ゲストをもてなすうえでも重要なポイント。試食会とはいえ、かなり豪華な内容となっています。ブライダルフェアは基本無料なものが多いですが、試食会参加の場合料金が発生することが多いので事前に確認してください。


模擬挙式、模擬披露宴

モデルさんによる、実際の挙式を再現。入場体験や、聖歌隊・パイプオルガンの生演奏など。模擬披露宴では本番さながらの照明・音響、演出などが、ゲスト目線で体験できます。


試着会、美容体験

ドレスやタキシードを試着。スパやフェイスパック、ネイルケアなど…無料できれいになれる体験。


どのブライダルフェアでも、当日さながらの体験をすることができます。それまで漠然とし結婚式のイメージが明確になり、彼女だけでなく彼氏も結婚式への意識が上がると、より具体的な計画が立てやすくなります。


ブライダルフェア行く前の準備

あらかじめ質問事項をまとめておく

ブライダルフェアにいく前は、あらかじめ予習して質問などを書き留めておくのがおすすめ。ブライダルフェアでは、他にもたくさんのカップルが見学に来ていることからも、相談できる時間は限られています。効率よく必要な情報を出すためにも、質問のリスト化は有効です。


チェックリストの作成、周辺情報、交通情報なども事前にチェック

現地に行く際には、公共交通機関はもちろん送迎サービスなどの有無、駐車場、ゲストのための宿泊施設や提携ホテル、遠方の方がいれば観光名所などをチェックしておくのもいいですね。

また、会場ではどのような点をチェックすべきかのチェックリスト作成もオススメ。式場の構造やお化粧室・ゲストルームなどの有無、タバコが吸えるかどうかもチェック。スタッフのサービスもゲスト目線で見るようにし、雨の日の対応や季節による雰囲気なども確認しておくといいでしょう。ポイントは、ゲスト目線と花嫁目線。一生に一度の晴れ舞台…女性が主役になる日ですから、当日をイメージにしながらチェックしていきます。同時に、ゲストを招待する立場であることからも、ゲストが満足できるかどうか…二つの目線でチェックしていきましょう。


ブライダルフェア当日の流れ

ブライダルフェアの内容によって多少の違いはありますが、基本的な流れはどのブライダルフェアもほぼ同じ。

  1. まずは受付があり、この時にアンケート用紙を渡されることもあります。その場で記入するタイプ、体験後に記入とさまざま。
  2. 次に式場・披露宴の見学。チャペルや神殿などの挙式会場、披露宴会場の雰囲気や設備等を確認します。
  3. 模擬挙式へと流れます。フラワーシャワーやブーケストの演出体験ができることもあります。
  4. 模擬披露宴・試食会とすすみますので、会場の雰囲気や演出だけでなくスタッフのサービスも確認しておきましょう。試食中に、式場や演出についての説明がされることもあります。
  5. そして、試着会・相談会といった流れが一般的です。