ハナユメ・ゼクシィ比較

ブライダルフェアって何?

結婚式場を探し始めると、結婚情報サイトや雑誌などで「ブライダルフェア」というものを目にすることも多いでしょう。
一体どんなことをするのか気になりますよね。
ブライダルフェアはどんな催しなのか、参加することによるメリットはあるか、行くときに気を付けることはないか・・・!?
結婚式場探しに役立つ情報をお届けします。

ブライダルフェアとは?

ブライダルフェアというのは、挙式を行う式場や披露宴会場で、模擬挙式や模擬披露宴を体験したり、試食会やドレスの試着などができるイベントのことです。
サイトや雑誌でも豊富な情報を得ることはできますが、やはり実際の式場の雰囲気やお料理の仕上がりなどは、現地に赴いて体験するのが一番です。
気になる結婚式場が見つかったら、ブライダルフェアを行っているか確認してみましょう。
式場探しを始める時に、ブライダルフェアを行っている式場から検索してみるのも手っ取り早いですよ。

ブライダルフェアに参加する流れ

1.希望のブライダルフェアを探す

ブライダルフェアは、予約なしで自由に参加できるところもありますが、基本的には事前の予約が必要になるのが一般的です。
人気のフェアは満席になってしまうこともあるので、行ける日に確実に予約できるように、早めに目星をつけておいたほうが確実です。 まずは、結婚情報サイトなどから、希望日時・会場のタイプ・フェアの内容などを指定して検索してみましょう。

2.ブライダルフェアの予約をする

行きたいブライダルフェアが見つかったら、ネットや電話で予約をします。
当日予約が可能なところもあるので、時間が空いた時にすぐに行くこともできます。

フェアは土日などの週末に行われることが多いですが、平日に開催しているところもあるので、仕事帰りに参加することもできますよ。 また、月に一度、年に一度などのペースで大規模なフェアが開催されることもありますので、チャンスを見逃さないようにしましょう。

3.フェア当日の流れ

ブライダルフェア当日になったら、予約時間に合わせて到着するようにし、最初に受付を済ませます。
模擬挙式や模擬披露宴では、モデルさんが新郎新婦役を務めますので、参加する人はゲスト目線で式場や演出についてしっかりチェックできます。

良かった点や気になった点などをメモしたり、撮影の許可をもらえれば写真を撮って、ほかの式場と比較する時に役立てます。試食会やドレスの試着会のほかに、ウェディングプランナーに相談できるコーナーもあるので、より具体的にイメージがわきやすくなります。 フェアに参加したからと言って、その式場に決めなければいけないわけではありませんので、時間があれば複数のフェアに参加して、納得のいく式場選びの材料にしてください。

ブライダルフェアの特典

ブライダルフェアは基本的に無料のところが多く、おいしい料理を味わえたり式場を見学できるほかに、式場ごとにさまざまな特典があります。
特に、フェアに参加してからその式場で成約を決めた場合、挙式にかかる費用が割引されたり、宿泊券などのうれしいプレゼントがあったりするので、ほかの式場と比較しない場合でもフェアに参加するメリットがあります。 また、結婚情報サイトごとに、フェアに参加する件数に応じたギフトカードやクーポン券のプレゼントがありますので、どのサイトから応募するかもポイントになります。

ブライダルフェアに参加するときの注意点

メリットが豊富なブライダルフェアですが、参加するにあたって注意しておいたほうがいいこともあります。

服装について

ブライダルフェアに参加する時の服装は、特に決まりはありませんが、どんな格好で行けばいいか迷ってしまいますね。

模擬挙式などもありますが、実際に結婚式に参加する時のようなかしこまった格好は必要ありません。
式場をいろいろ見て回ったり、ドレスの試着などをする場合もあるので、ある程度は着替えやすさや動きやすさも必要になります。

とはいえ、あまりにもカジュアル過ぎたりラフな格好だと周りから浮いてしまって、見学に集中できない可能性があります。
ブライダルフェアに適した服装は、女性ならワンピースやツーピース、着替えやすさを重視するならトップスは前開きのシャツなどがおすすめです。
試着の時には、式場の女性スタッフさんに見られることもあるので、下着にも気を付けたいですね。

靴は、スニーカーはカジュアル過ぎますが、ハイヒールは足が疲れやすくなるので、歩き慣れたものやローヒールのパンプスなどがいいですよ。
男性の場合は、Tシャツやパーカー、ジーンズは避けて、きれいめのシャツやジャケットできちんとしたイメージになるようにしましょう。

参加する人について

ブライダルフェアは、基本的には挙式するお2人が参加しますが、なかなか予定が合わない場合、お1人での参加や友人・家族などと一緒に参加することもできます。
ただ、人数についてはお1人での参加、3人以上での参加が可能かどうか事前に確認しておきましょう。

その場の雰囲気だけで決めない

ブライダルフェアは、お客さんに式場を決めてもらうために、演出や装花などを華やかにしています。
しかし、予算内で同じような挙式ができるとは限りません

相談会では見積もりを出してもらうこともありますが、その金額でどのような規模になるのか、理想の演出にするにはいくらくらいになるのかなど、しっかり計算してもらうことが必要です。 式場側は、フェアの雰囲気や勢いで成約してもらおうと、いろいろなプランをすすめてくるかもしれません。

できるだけその場の勢いで決めずに、複数の式場を見て、実際にかかる金額と演出内容を比較して慎重に決め、失敗のない式場選びにしてください。